ミニチュアダックス「ルナ&ゆう」とHappy Life☆彡

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2017年05月

ツバキ文具店

昨日から雨

過ごしやすい気温だけど、雨の日ってやっぱりちょっとテンション低くなります

テンション低いのは、雨のせいだけじゃないけど・・・




さて、タイトルの「ツバキ文具店」について、です

今日は、なぜこのタイトルなのか?


「ツバキ文具店」は、最近わたしのお気に入りのドラマです
毎週金曜22時~22時50分に、NHK総合で放送されている「ドラマ10」

全8話放送のところ、すでに6話まで放送完了しており
本日5/26(金)は第7話です

サブタイトルが「鎌倉代書屋物語」となっており、
手紙などを代書する文具店の後継ぎとなった主人公をとりまく物語です

詳細はこちらで
ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~


たまたま寝付けなかった水曜日の夜、テレビのチャンネルをいろいろ変えてたら
ちょうど第1話を再放送していて、最初の5-10分は見逃したけど
主人公を演ずる多部未華子さんがとてもステキだったので、毎週欠かさず見るようになりました

第1話は愛するペットを亡くされたご家族あてにお悔みの手紙を代書してほしい、
という依頼に初めて手紙を代書する主人公が、試行錯誤の上、手紙を書きあげる
という内容でした(ペットはお猿さんでした)


「ツバキ文具店」は小川糸さん著の2017年本屋大賞にノミネートされたベストセラー
幻冬舎から出版されていますが、わたしはドラマを全部見終わってから本を購入し
ドラマと原作を比較しながら読んでみたい、と思っています


さて、なぜ今日のタイトルが「ツバキ文具店」なのか?ですが
最近、私自身「上手く気持ちを伝えられないなぁー」と思っていたことが
2、3あったからです

本来、手紙は自分自身の言葉で、自分で書くべきものかもしれません
でも、なかなかうまく気持ちを伝えられない、思うように書けない人がいる
・・・的な言葉を主人公がドラマの中でも言っていました


ドラマの内容と私の心境が一致したように感じました


わたしは「物の言い方がキツイなぁー」、と
自分でもともと自覚していたのですが、
おっとり系のらくおと一緒に居ると、余計に自分がキツイ人間に感じることもあります・・・(;^_^A


だからと言って、うまく文章で気持ちが伝えられる人間でもないので
メールや、ブログなどをしていると、悩むことも結構あります

本当に慎重になってしまうときは、らくおや実家の家族に添削してもらうことも。


だから、このドラマを見ていて、
人の気持ちに寄り添った手紙を書けるってステキだなぁ、と思いました


第3話は、人に「断りの手紙」を書く、という内容でした
角が立たずに人柄のにじみ出る手紙ってなかなか書けないもので
こういう時こそ、「代書屋さんがそばに居れば」って思いました


ブログでは、ルナ・ゆうのキャラの力を借りて
わたしの気持ちを代弁してもらったりすることもあります

それでも、不快な思いをさせるような記事があったら、すみません


『ツバキ文具店』
もうドラマも終盤ですが、もしよかったら観てみてください


DSC_0951.jpg


ん。
「おやつ、くれ」という気持ちがルナ・ゆうから伝わってきました(笑)

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト