通い慣れた病院だけど・・・

  05, 2011 22:16
今日は午前中に病院へ行ってフィラリアの薬をもらい、
ルナの左耳の汚れがなかなか良くならないので
診てもらいました。


先代ワンコのビーグル「ノン」の頃からお世話になっている病院。

院長先生の腕も確かだし、(ルナ・ゆうの担当は副院長だけど)
受付の方も、ずーっと前からいるベテランさん。


名前を呼ばれて診察室へ入り、まずルナから。

体重5.86kg(ダイエットフードにしたのに全然減らない)
体温38.8度


・・・・???・・・


いつも体温なんて計らないぞ。


副院長先生:「特に変わったことはないですか?」
Romi:「左耳が汚れていること以外は、ないです・・・」



・・・・????????・・・・


先生の机の端っこに注射器とワクチンと思われるお薬が・・・


!!!


Romi:「先生、今日ワクチン接種するんですか?」
副院長先生:「はい、そのように(カルテを見て)書いてありますけど?」
Romi:「いえ、ワクチン接種のお願いは受付でしていませんし、
      シャンプーもしてないし、今日はそのつもりはないんですけど」


と、いうやりとりがあり、
「あ、そうですか、じゃ、またにしましょう」となった。


確かに先月フィラリアの薬をもらいに病院へ行った時に
「11月はワクチン接種の時期ですね、また案内のはがきを出しますね」と
言われていたが、はがきも来ていなかったし、
今日は病院のあとしつけ教室の予約もしてあるし、
(ワクチン接種の後は安静にしなくちゃいけない)
シャンプーもしてきていないし
(ワクチン接種後は2週間シャンプーは×といわれてます)
なんといっても、飼い主が依頼していないのに、受付の方が気を利かせて(?)
カルテにワクチン接種と書くことがおかしいやろ~っ!!


ワクチンの時期だと気付いたとしても、
受付で飼い主に確認してや~。


ワタシが注射器が置いてあることに気付かなかったら
ブスッと射たれていたかも・・・。


通いなれた病院で、信頼もしていますが、ちょっと驚きました。


その後ゆうの体重測定・・・
5.46kg
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
こちらも順調に増えとるやん。


体重5kgを目指しているのですが~、なぜ???



ルナの耳の汚れは「カビ」とのこと
マラセチアっちゅーやつです。

1日1回、耳に薬をつけて様子を見ます。


P1090371.jpg



↓いつももらうフィラリアのお薬

P1090372.jpg

今は暖かいので、一週間後に飲ませてください、との事。


病院の後は、しつけ教室へ行きました。


通いなれた病院は、安心もありますが、油断が怖いです。


今回はワクチン接種の事だったので、大きな害はありませんが、
やっぱり医師と患者側はちゃんと会話・説明をする必要がありますね。


いただいたお薬をちゃんと確認することも大切です。







大事なわが子を守ってあげられるのは、最終的にはやっぱり
飼い主なのですから~。


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New