ミニチュアダックス「ルナ&ゆう」とHappy Life☆彡

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

ステロイドの副作用

ゆうの目に異常が起きてから11日
K病院からH病院に変えて1週間が経ちます


最初にK病院で処方された目薬は非ステロイド
H病院で「ぶどう膜炎」と診断されて処方された薬は
内服薬2種類:抗生剤(Baytril)とステロイド剤(プレドニゾロン)を1日1回、3日分
点眼薬2種類:抗菌薬(オフロキサシン)1日3回と抗炎症ステロイド(ステロップ)1日4回

内服薬はすでに飲み終わっていますが、目薬はなくなるまで継続


H病院初診のときに抗生剤とステロイドの注射をしてもらっており
内服薬は次の日から3日間飲みました


注射した翌日からお水をすごく飲みます
ステロイドの副作用です


お水を飲んで、即トイレ
おしっこの量もすごいです

ひどいときはお水飲みながらおしっこしてた時もありました

H病院の先生に話すと、「お薬終わったら元に戻ります」と言われました

が、内服薬が終わって3日たっても変わりません

昨日の夜と今朝は便も柔らかくなってました
一応形はあるけど、ティッシュで掴み取れないくらい
お水をたくさん飲むから便も柔らかくなるのか?


なので、ゆうがおしりを下げたら、即、おしりの下にティッシュを差し込んで受ける・・・


ステロイドの副作用って、いつまで続くんだろう
目薬つけてる間は続くのなかぁ

DSC_0616.jpg

DSC_0621.jpg

5分以上、時間をおいて目薬をつけます


心配なのは、軟便

ゆうはちょうど1年前に1週間以上軟便が続き、病院へいったら
インスリノーマの疑いがある、と診断されました
膵臓が悪いと、下痢や嘔吐するので、便の状態は常にチェックしています

軟便になると、インスリノーマのせいなのか、ステロイドの副作用なのか
どちらかわからないじゃない
しかも、内服薬が終わって3日空いた後に柔らかくなるって
ますます判断しずらい


ゆうは目薬を付けるとき、おとなしく無抵抗なのでとても助かります

DSC_0625.jpg

ご褒美なくても、お利口に目薬つけられるよ


DSC_0624.jpg

ルナ姉ちゃんも、ゆうが早く治るように応援お願いしますね

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

出費のかさむ時期です

今日は、かかりつけのK動物病院へ行ってきました


ゆうのいつものお薬(消化酵素)をもらいに


狂犬病予防注射とフィラリア予防のお薬については
ゆうの目を診てもらってるH病院からステロイドのお薬が出てるので
K病院に相談しました


H病院の先生がおっしゃってた通り、狂犬病予防注射は見合わせです
ルナもゆうと同じ時期に注射したいので、今日は注射なし
(法律的には6月30日までに接種すれば良いそうです)


フィラリア予防のお薬をいただく前に血液検査
ルナもゆうも陰性です


去年からこちらのお薬にしました

DSC_0614.jpg

ネクスガードスペクトラ

これ1つで、フィラリア・ノミ・ダニに効果あり
ルナ・ゆうそれぞれ7か月分(14個)


お会計は

ミクロフィラリア検査        1,140円×2
ネクスガードスペクトラ22.5   2,900円×2×7か月分
消費税をプラスして、合計46,310円

その他にゆうの再診料とお薬代(こちらは保険適用)が、2,460円

もちろんカード支払いよ


DSC_0566.jpg


これでルナ・ゆうが健康で長生きできるなら、お安いもんよ!!

この時期は、税金(固定資産、自動車税など)も納めなくちゃいけないので
ちょっとお財布のひもを締めないとね


と、いいながら、ルナゆうに買おうと思っている帽子が結構いいお値段・・・
でも、買います!
それは買います!!

飼い主のものを節約すればいいんです!!!


ここのところ、ゆうの目のことをいろいろネットで調べたりして
PCに向かっている時間が長くなってます
仕事辞めてから、こんなにPCに向かうことはなかったので
いきなり肩こり・・・(´;ω;`)

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

夕方のお散歩

朝はちょっとまだ冷えることがあるけど
昼間はすっかり春らしく暖かな日が続きます


寒い時期のお散歩は2-3時くらいに行ってたけど
これからは紫外線が強くなるので、気を付けないと。

もちろん、私のためではなく、ルナ・ゆうのために。
(今日は夕ご飯の前にお散歩に行ったよ)


紫外線は目によろしくない



今まであまり気にしてなかったけど、
今回、ゆうの目のことがあって、とっても反省した


思い返してみれば、いつのころからだったか
朝、部屋の電気をつけると、まぶしそうに目を細めてたゆう
(ルナは平気だったの)

お散歩してるとき、南を向いて歩いていると
ちょっとまぶしそうな顔してたゆう


私自身が眩しがりやだから、ゆうも同じなんだー、と
あまり気にしてなかった


DSC_0552_20170414180655843.jpg

最近、お散歩ではルナの後方を歩く
まだ見えてるはずなんだけど、ちょっとルナに頼ってるのかな

マンホールも、グレーチングも上手に避けられるのにね


DSC_0556.jpg

お散歩中、かわいい顔して見上げてくるゆう

いつまでもそんな笑顔で見上げてほしいよ

まだまだゆうに見せてあげたいもの、たくさんあるんだよ


ただでさえ裸族のルナ
絶対に帽子なんてかぶってくれないだろう、と思ってたから
ルナゆうに買わなかったけど
少しでも紫外線防止になってくれるなら、帽子、買おうかな

これからも大好きな散歩、行きたいもんね

DSC_0562.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

ゆうの目・・・その後2

今日(4/13)、H病院の再診に行ってきました

ぶどう膜炎について

充血はよくなってきたけど、まだ残っているため
内服薬は飲み切って終わりでOKだけど
目薬は引き続き点眼してください、とのこと


しかし、今日の眼圧測定では
右目で1回「12」の値が出たけれど
その後は右、左とも「8」とか、「6」とか低く
測定できない時もありました
(5回測定した平均値で判断するそう)

ぶどう膜炎は治ってくれば眼圧値はあがるはず

所見と測定結果があわない、と先生を悩ませていました

1週間後に再度眼圧測定することに
(そのころに目薬もなくなるし・・・)


前回、進行性網膜変性症の診断もでていたので
らくおと相談し、眼科専門医を紹介してもらい、一度話を聞いてみようと思っていましたが、
先生の口から今日も専門医のワードが出たので、予約を入れてもらいました


先生のお知り合いの眼科医が毎月第2木曜だけ、
埼玉県川口市のどうぶつの総合病院で診察されるとのこと
4月の第2木曜は今日だし、5月はすでに予約でいっぱい
6月8日に予約を取りました


昨年6月にゆうは「インスリノーマの疑い」があり、
同病院内の「Camic」でMRIを撮ってもらってます
あれから1年なので、そろそろインスリノーマの再診のため
MRIを・・・と考えていたところです

インスリノーマについては、今までのかかりつけのK病院からの紹介で
Camicに予約してもらっていたので、K病院に相談してMRI撮影をどうするか
決める必要が出てきました
眼科と同じ日にMRI撮影もしてもらえると、1度で済むんだけどなぁ


今日(4/13)のゆうの右目

DSC_0607.jpg

4/8の右目

DSC_0587.jpg



今日(4/13)のゆうの左目

DSC_0606.jpg


4/8の左目

DSC_0586.jpg


ちょーーーーっとだけ赤みがひいてるでしょ(;^_^A


お薬のせいでお水を飲む量が増えています


しばらくゆうの目の通院は続きそうだし、
ルナのしこりの手術もGW明けくらいに、と考えていたところだし、
6月は眼科専門医の予約が入ったし

私の右腕の抜釘手術はもっと先になりそうだなぁ
(もう一生チタン入りで生きていこうかな)


ゆうは今日、病院の待合室に他のワンちゃんがいても
とてもおとなしく吠えずに待つことができました
ルナ姉ちゃんの付き添いがない方が、おりこうさんにできるのかな

DSC_0611 - コピー


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

ゆうの目・・・セカンドオピニオン

昨日(4/11)、
ゆうの目、充血は少しうすくなってきているものの、5日経っても
期待していた回復がみられないので、別の病院に行ってみることにしました


今までかかっていた動物病院(K病院)は先代わんこのときからお世話になっていますが
ルナゆうの担当は副院長先生


女性で優しいのですが、わたしとしてはちょっと物足りなさを感じてしまってました
(すみません)

今、目の前の症状を抑える処置をする、というタイプかな

わたしとしては、言葉で症状を訴えることができないわんこなので
その症状が出ている原因をいくつか探って、検査・治療してほしい
もちろん、それには飼い主への説明もちゃんとしてほしい


なので、何かきっかけがあれば行ってみようと思っていた
我が家から近い別の病院をあたってみることにした

そちらの病院(H病院)は日曜の午前も診察しており、休診日も今の病院と違う曜日なので
何かあった時、どちらの病院でも顔なじみになっておけば、安心かな、と思う
(あまり病院に『顔なじみ』にはなりたくないけど)

一応、今までのK病院に電話して、詳しい目の検査はできないか問い合わせたら
アレルギーと細菌検査、眼圧検査は可能とのことだった

「もう少し詳しい検査をしたもらいたいので、他の病院もあたらせてもらいます」
と、仁義だけきっておきました



DSC_0543.jpg

ルナはお留守番
ゆうだけソフトクレートに入れて連れてきました


今回初めて見てもらったH病院は、待合室・駐車場が広く、
看護師さん、受付の方もとても親切


DSC_0544.jpg


先生はお若いけど、わたしの話を聞いた上で、ゆうの充血を確認し
「そんなにひどくはないようだけど、いろいろ検査してみましょうか」
と言ってくれました

まずは私が心配していた緑内障かどうかを診るため
眼圧を測ったところ、測定値が8-12とバラツキがあるものの低い

20以上が緑内障と診断されるが、逆に低い
何かにぶつかったなら、目の表面などに傷があるものだが
それもなく、充血はぶどう膜炎と診断されました

今度はペンライトで瞳孔の反射をみたところ、反射が鈍い
先生:「この子、目、見えてます?」
私:「はい、見えてると思いますけど」

部屋を暗くして、目にルーペのようなものを当てながらペンライトで見て(眼底検査)、
次に診察室の床に椅子やごみ箱などで障害物をつくり
暗い状態で歩かせると、ちょっと物にぶつかりました
「夜盲症が出てますね、血管も細くなってきていて進行性網膜変性症があります」

今は見えているが、犬は嗅覚・聴覚が鋭く、また我が家のように
多頭飼いの場合は、他のわんこがいることで同じように生活できるので
なかなかわんこの目が見えなくなっていることに気づきにくいらしい
ゆうの場合、このまま徐々に見えなくなっても今まで通りの
生活にあまり不自由なく過ごせるかもしれない


ゆうの視力をこのまま維持したいという場合は
眼科の専門医(東京都内などになってしまう)にかかる必要がある
H病院は眼科の専門医ではないので、
進行を遅らせるサプリメントを処方する程度に留まるらしい


ちょっとショックを受けて、先生の説明をきちんと整理して記憶できなかったけど
とりあえずH病院に来てよかった、と思いました


ぶどう膜炎に対しては、抗生剤/ステロイド剤の注射をし、
目薬は今までのはやめて、新しく2種類(オフロキサシン、ステロップ)になりました
内服薬は、抗生剤(Baytril)とステロイド剤(プレドニゾロン)を1日1回服用し
木曜日(4/13)に再診となりました

DSC_0599.jpg

DSC_0600.jpg



進行性網膜変性症は進行を遅らせるサプリメント60粒入り(メニわんEye Ⅱ)を1日4粒

DSC_0603.jpg


お会計はサプリメント以外はアニコムの保険が適用され
飼い主負担は8,235円(税込み)

H病院明細


充血の原因を探りに行ったところ、別の病気が発見されてしまい
また心配事が増えてしまいましたが、知らずにいるよりよかったかも

H病院の初めての印象は良かった、と思う

K病院の良いところもある
K病院では予防接種は抗体価検査を取り入れているところ、
処方した薬の説明書をつけてくれるところ
手術は、ルナの避妊、ゆうの去勢手術しか受けたことないけど
縫合もキレイだったし、経過もよかった

今後はどうしよう

2つの病院のイイとこどり、っていうのもありなのかな

ゆうの目に関しては、H病院のお世話になることになるので
様子をみて、病院との付き合い方を考えていこうと思います

進行性網膜変性症はダックスに多いらしい
眼科の専門医を紹介してもらうか、どうかも少し様子を見て
考えてみようと思います

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村